自分に合った居心地の良いナチュラルスタイルを作る4つのポイント|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2016/03/23

レポート

自分に合った居心地の良いナチュラルスタイルを作る4つのポイント

リビング
こんにちは。
ROOM ARTの田中です。

自然のぬくもりが感じられ、優しくあたたかいイメージの「ナチュラルスタイル」。
定番の人気を集めるインテリアスタイルの中のひとつです。

木や花などの植物、森林や海などの自然が織りなす風景を見つめていると、ほっとやすらぎリラックスした経験はありませんか?
それと同じように、自然を感じられるナチュラルなインテリアは、人に安らぎを与えてくれます。

ナチュラルスタイル」といっても、白やベージュで統一したシンプルで素朴なスタイルや、グリーンやカラフルな花を取り入れた明るいスタイルなどテイストは様々。
どんなテイストのナチュラルスタイルが好きですか?

一番大切な点は「自分の好きなナチュラルスタイル」を見つけることです。
今回は自分に合ったナチュラルスタイルをつくる4つのポイントをご紹介します。

木の素材を取り入れる

木の素材ナチュラルスタイルとひとくくりにいってもテイストは幅広くありますが、どんなナチュラルスタイルでも共通点があります。
それは、自然素材をインテリアに多く取り入れていること。特に「木の素材」が多く使われています。
フローリング、テーブル、チェアなど、ナチュラルテイストなお部屋を目指すのならば、インテリアのどこか一部は必ず木材になっているアイテムを取り入れるのがオススメ。
あたたかみのある柔らかい空間になり、自然を感じながら居心地よく暮らすことができるはず。
また、木の素材は明るい自然のままの色のものを選んで、全体で明るさを揃えるようにするとよりナチュラルな空間になります。
ナチュラルスタイルに決め手になるのは「木の素材」です!

グリーンは必須

グリーンナチュラルスタイルの決め手になるのは「木の素材」とお伝えしましたが、もうひとつ欠かせないものがあります。
それは「グリーン」。
観葉植物や多肉植物をコーディネートすることで、みずみずしさがプラスされ、癒しの空間へと生まれ変わります。
部屋のコーナーや家具の上など、ちょっとした空いたスペースに置くことで、部屋全体の雰囲気もアップします。そこで過ごす人の心も落ち着き、和やかなムードになるでしょう。

余裕のもった配置

リビングナチュラルスタイルに合わせるとおしゃれな家具や雑貨はたくさん売られています。
可愛くてついあれもこれもと取り入れてコーディネートしたくなってしまいますが、ナチュラルスタイルにはごちゃごちゃとした配置は素敵とは決して言えません。
生活感あふれる雑貨たちが部屋に散乱していると、落ち着きや安らぎが感じられなくなり、逆に疲れがたまってしまう危険性もあります。
生活導線を考え、余裕のある無理のない配置にすることがポイントです。
余裕のあるスペースで過ごすことで、心にも余裕が生まれ、居心地の良さをより感じることができるでしょう。

壁紙に注目

ナチュラル壁紙一般的な住宅の壁紙、白の無地が使われていることが多いのは皆様もご存知のことと思います。
広く開放的に見せる一方、飾り気がなく少し寂しい印象もあります。壁は部屋の中でも多くの面積を占めているので、一面が白無地ではないものに変わるだけで、部屋の雰囲気がガラっと変わります。
木目調の壁紙は、空間にあたたかみをプラスし、簡単にナチュラルスタイルを手に入れることができるので、木の素材の家具をイチから取り入れるよりもずっと手軽ですね。
お部屋に彩を加えたい場合には、花柄のデザインや、ピンク・ベージュなどの淡いカラーを取り入れると素敵です。また、今では「写真壁紙」というものも登場しており、観葉植物などを部屋に置くと狭くなってしまう場合には壁紙でグリーンを取り入れられます。
今までできなかったコーディネートが壁紙一枚で可能に!
家具や雑貨などのインテリアだけでなく、壁紙にも注目してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?
ナチュラルスタイルをつくる4つのポイントをご紹介しました。
人気のスタイルである「ナチュラル」。居心地よくあたたかい雰囲気が多くの方に愛されています。
自分に合ったお部屋づくりをしてくださいね♪

ナチュラルスタイルにピッタリの壁紙をお探しの方はコチラをご覧ください。
ナチュラル風壁紙

  • レポート

担当

田中
田中

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加