お部屋の印象はインテリアのカラー配色でこんなに違う!?|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2015/10/16

レポート

お部屋の印象はインテリアのカラー配色でこんなに違う!?

こんにちは、ROOM ARTの酒井です。

皆さん、お部屋をコーディネートする時、一番に何を重視しますか?
好きなテイストにこだわってみたり、好きな色で統一したり!
インテリアを選ぶ基準は人それそれだと思います。

今回は、『インテリアの“色”』についてサグっていきたいと思います。

色違いの家具

比較(C)All About, Inc. All rights reserved / AllAbout から引用

例えばコチラの椅子!
同じ形をした椅子ですが、色・配色が違うだけで全く違う椅子に見えませんか?

左の椅子は…明るく、華やかなでヨーロピアンな印象!ゴージャスな部屋に似合いそう。
右の椅子は…アジアンなリゾートの印象!ゆったりとしたラフな雰囲気の部屋に似合いそうです。

色だけで、これ程インテリアのイメージが違います。
以上より、
インテリアコーディネートには、“物の形・モチーフより、色の方が重要”という事が分かります!

 

インテリア壁紙でも

壁紙にも沢山の絵柄や模様があります。
壁紙でも、上記の様な椅子と同様で、そこに描かれた絵よりも、配色でイメージを左右する事になります。

線画
例えば、この色を付ける前の線だけのペイズリー柄!
ペイズリー柄と言えば、バンダナやファッションにも多く取り入れられる柄!
インテリアには、エスニック、アジアンな印象で使われるのが一般的ではないでしょうか。
▼ペイズリーアジアンコーディネート
アジアン
ペイズリーと言えばこれですね!リゾートのような雰囲気でとても素敵!
色と柄がとてもマッチしたコーディネートです。


でも配色次第で、アジアンテイストではない部屋にもペイズリーを合わせる事ができます!
それでは、様々な配色パターンでお部屋のコーディネートを見ていきましょう。

 

1.ふんわり可愛い女性らしい部屋に

可愛い部屋
パステルカラーを使用し、優しくて可愛い印象に!
アジアンテイストと使用した色は似ていますが、色のトーンを少し変えるだけで、可愛い女性らしい部屋にもペイズリー柄を合わせる事が出来ました。
白を基調とした家具でもクッションや照明に使われている色を壁紙にも使用すると空間に統一感がうまれます。
更に、使用する柄の大きさを小さめにすることで可愛らしさの中にも落ち着きのある空間を演出する事が出来るでしょう!

2.上品でおしゃれな飲食店にも

おしゃれなカフェ
落ち着いたダークなトーンで配色したペイズリー柄!
いかがでしょうか?アジアンやエスニックという要素は全く感じなくなりました。
この色であれば、おしゃれでちょっと高そうな雰囲気のお飲食店にも違和感なくあわせる事が可能です。
お店のシンボルになりそうな素敵な壁紙ではないでしょうか。

 

3.原色使いで子供部屋にも

子供部屋
子どもが好みそうなはっきりとした原色を用いた配色パターンです。
様々な色味のものを用いる事で子ども部屋の明るく元気で賑やかな雰囲気にもとても似合います。
子どもの創造力も膨らんでゆきそうな素敵な部屋になりました。

 

4.落ち着いた和室にも

和室
淡く落ち着いた色の配色!色の境目を曖昧な感じにした配色のペイズリー柄!
このように配色にすることで『絶対合わない!』と思っている和室にもペイズリー柄を違和感なく合わせる事が出来てしまいます。
柄を部分的に使用することで部屋にメリハリをつけ和室の雰囲気を壊さず、それでいて、モダンでおしゃれさがプラスされた和室になりました。

 

いかがですか?
アジアン、エスニックトという印象のペイズリー柄でも、色を変えることで、様々な部屋で使用出できる事が分かりました。

 

塗り絵壁紙はいかが?

coloring_title01
配色にとことんこだわる事が出来るインテリアとして、塗り絵壁紙はいかがでしょうか!
モチーフが選べるのはもちろん、自分好み、思い通りの色に塗る事が可能です。

例えば、一家まるごと同じ塗り絵壁紙を使用しても、配色次第で、雰囲気を変える事が出来ます。
それぞれの部屋の個性を消さずに、家全体でちょっとした統一感を持たせる事も!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ひとつの柄でも、配色次第で様々な部屋にマッチさせる事が出来ます。
柄・モチーフよりも色がどれだけ重要かが分かりますね。
お部屋コーディネートに困った時には、好みのテイストをイメージできる“色”中心に探してみるのはいかがでしょうか。

  • レポート

担当

酒井
酒井

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加