毎日ホテルで寝たい人必見!ホテルライクな寝室にするための5つのポイントを紹介!|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2016/06/10

レポート

毎日ホテルで寝たい人必見!ホテルライクな寝室にするための5つのポイントを紹介!

寝室 壁紙こんにちは、ROOM ARTのキマタです。

みなさんは旅行に行かれるとき、宿泊施設は何を基準に選びますか?
ゆったりくつろげるか、設備やアメニティは充実しているか、料理はおいしいか、、などなど決め手となるポイントは様々です。
どんな宿泊施設であれ、やはり自分の部屋で寝る普段の生活とは違い、ワクワクしますよね。

自分のお家もホテルのようにくつろげる、ワクワクするような空間になったらステキだと思いませんか?

本日は、まるでホテルのようにくつろげる寝室にするためのポイントについてご紹介します。



1.断捨離して生活感を排除!

ベッドルーム(C)2016 Trends4Ever.Com. / Trends4Ever.Com から引用

ホテルのお部屋はとにかくモノが少なく、生活感がないのが最大のポイント!
自宅もホテルのようにするためには、ホテルらしいインテリアを揃える前に、まずは生活感をなくすことから始めましょう。

モノが多いと、整理していても生活感はどうしても出てしまいます。
寝室にはほとんどモノが置いていない、という人も、部屋の中で生活感の出やすいアイテムを見直してみてはいかがでしょうか。

例えば、ボックスティッシュや電源コードなどは、ケースやカバーをかけて隠すなど、ちょっとした工夫が部屋をスッキリと見せてくれます。

ちょっと殺風景かな、というくらいまで一度断捨離をして、それからホテルライクなお部屋作りを始めるのがオススメです。



2.部屋の壁紙にこだわる


寝室 壁紙

おしゃれな客室って部屋の壁紙が凝っていませんか?
エレガント、ゴージャス、モダン、シック、などホテルのテイストに合わせて壁紙も工夫されています。
どんなホテルが理想なのか、イメージするテイストが決まったら、それに合った壁紙を選んでみると良いでしょう。
お部屋の中で、インテリアや小物にこだわる人は多いですが、壁紙までこだわりのデザインに貼り替えている方は意外と少ないです。

まだ壁は真っ白のままという方は、ぜひお部屋の壁紙を張り替えて、ワンランク上の寝室にしてみてください。



3.ベッドの背面の壁に一工夫を

客室 ホテル(C)Mitsui Fudosan Hotel Management Co.,Ltd. All Rights Reserved. / 三井ガーデンホテルズ から引用

部屋全体の壁とは別に、ベッドの背面の壁を特に工夫している客室を多く見かけます。
ベッド後ろの壁だけ壁紙を変え、他の壁はシンプルなデザインにしているお部屋もありますよね。壁一面だけでも変えてみると雰囲気がガラッと変わり、アクセントにもなります。
こちらのお部屋のように、壁紙とベッドカバー、ラグを同じテイストにするのもおしゃれですね。白×水色でさわやかなリゾートホテルの雰囲気が味わえます。

また、ベッドの背面にアートを飾ったり、ゴージャスなオブジェを掛けるのもオススメ。
寝室の主役はベッドなので、ベッド周りにはこだわりたいところですね。



4.間接照明で雰囲気を出す

2011 CHARDONNAY All Rights Reserved. / CHARDONNAY HOME(C)2011 CHARDONNAY All Rights Reserved. / CHARDONNAY HOME から引用

ホテルらしさを出すアイテムとして間接照明は欠かせません。
落ち着いたやわらかな光はそれだけでリラックスでき、ゆったりとした気持ちにさせてくれますね。

ベッドサイドやデスクに置いてみたり、天井から吊るすペンダントタイプもおしゃれです。
テレビやソファの後ろに置いて、壁を照らすというテクニックも参考にしたいですね。

こだわりの照明を見つけたら、グッとホテルライクなお部屋に近づきますよ。



5.デスク前には大きな鏡を設置

客室(C)2010 ROSE HOTELS INTERNATIONAL Co., Ltd. All rights reserved. / ROSE HOTEL YOKOHAMA から引用

ホテルといえば、デスクの前に大きな鏡が設置してありますよね。
ホテルではよく見かける定番の配置ですが、自宅のデスクの前に鏡を掛けてある人は少ないのではないでしょうか。
あの大きな鏡は、ドレッサーとしての実用性はもちろんですが、鏡があることによって部屋に広がりを持たせる役割もしています。
壁に囲まれていると圧迫感を感じますが、大きな鏡があると多少狭い部屋でも広く見せることができますよ。

ワンルーム、1Kの間取りでホテルライクなお部屋を目指したい方はぜひ取り入れてみてください。



まとめ

いかがでしたでしょうか。
塩系インテリア、北欧インテリアに代表されるように、シンプルでスッキリとしたスタイルは多くの人に好まれています。
ホテルライクなお部屋は、こうしたシンプルなテイストをベースにしつつ、要所要所で壁紙や照明にこだわって素敵な空間を演出しています。
シンプルテイストが好きな方、ずっとシンプルなお部屋だったけどもう一工夫したいと思っている方にもぜひチャレンジしてみてほしいスタイルです。
紹介したポイントを押さえれば、今日からあなたの寝室も、ホテルのようにゆっくりくつろげる空間になること間違いなし!



▼ホテルライクなお部屋にしたい方オススメの壁紙はコチラhotel-bana

  • レポート

担当

木全
木全

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加