これさえ知っておけば怖くない!壁紙リフォームに多い3つの失敗を回避!!|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • instagram
  • pintarest

Popular posts

今月の「お役立ち情報」人気記事

まだデータがありません。

Recommend

  • 塗り絵壁紙の楽しみ方
  • オリジナル壁紙をつくろう
  • 貼ってはがせる壁紙でDIY

2015/07/28

お役立ち情報

これさえ知っておけば怖くない!壁紙リフォームに多い3つの失敗を回避!!

花柄

こんにちはROOM ARTの酒井です。

 

皆さん、ご自宅をリフォームをした事はあるでしょうか。

ちょっと手を加えるだけで簡単に雰囲気を変える事ができたらいいななんて思った事はありませんか?

壁紙のリフォームなら間取りを変えてしまうような大掛かりな工事も必要なく、手軽で簡単に部屋の雰囲気を変えてくれ、フレッシュな気分に心機一転する事が出来ます。

しかし、いくら簡単とは言えリフォーム後に「しまった!」「もっとこうすれば良かった!」と後悔したという経験があるという人も少なくないようです。

せっかくお金を掛けてリフォームをするなら絶対に失敗はしたくないですよね!

今回は、壁紙リフォームに関する最も多い3つの失敗と今後のリフォームで失敗しないための簡単なポイントを紹介します。

 

 

リフォーム前と雰囲気が変わらなかった!

白い壁の部屋

日本の家は白い壁紙を使っているところがとても多く、部屋の雰囲気を変えたいと思い壁紙リフォームを計画したは良いものの、沢山の壁紙サンプルを見ていると、何が良いのか分からなくなってきてしまい、「無難に」「飽きが来ないように」と前の壁紙と変わりのない地味目な物や白に近い色を選んでしまう傾向があります。

せっかくリフォームしたのに、部屋の雰囲気がたいして変わりなく、もやもやした気持ちでリフォームを終えてしまうのはもったいないですよね。

 

壁紙リフォームで冒険する時のポイント

合成(C)YOUAI All Rights Reserved. / インテリアショップゆうあい から引用

壁紙で冒険してみたいと思っている方は、小さなサンプルで見た時には少し派手かなと思うくらいの物を選ぶと良いです。

さらに慎重な人には、色の数が少なめのもので模様や柄の入った壁紙が良いですよ。

壁紙を選ぶ時の分厚い本の中にある小さなサンプルは実際部屋に貼った時よりも派手に見えるてしまいますので、ちょっと派手だと思うものを選んでも壁に貼ることでお部屋に馴染みます。

出来るなら、より大きいサイズのサンプルで確認してみると良いでしょう。

 

3色リビング(C)2015 デザイナーズ住宅の施工例集, ALL Rights Reserved. / デザイナー住宅施工事例 から引用

また、色を選ぶ際には部屋は3色以内にまとめるとすっきりとした空間になります。

今あるインテリアの色と揃えたり、相性の良い色の物を選び3色でコーディネートにすると良いでしょう。

 

柄物で落ち着きのない部屋に!

柄

気に入って選んだ柄物の壁紙!

でも、お部屋に飾るとどこか落ち着きのない雰囲気になってしまったり、その部屋に長時間いると目がチカチカして疲れてしまうこともあります。

広い部屋に小さな連続する柄物の壁紙を選ぶと柄がちらちらが気になってしまい落ち着きがなく集中出来ない空間になってしまったり…

また、狭い部屋に大きな柄を合わせるとこで、圧迫感を感じてしまい更に狭い空間に感じてしまう事があります。

 

柄物壁紙の使い方のポイント

お部屋に貼る時にちょっとした工夫をするだけで、落ち着きのなさや、圧迫感を改善する事が出来ます。

柄物の壁紙を使用する時には、広い部屋は大きい柄を、狭い部屋には小さい柄を選ぶのが基本で、部屋の大きさと柄の大きさのバランスがとても重要です。

また、壁紙はひとつの部屋で一種類の壁紙に揃えないといけないというルールはありません。

花柄

部屋の全面の壁に壁紙を貼るのではなく、一面だけを柄ものにしてみたり、壁に着けたソファーの後ろだけ替える等、部分的に壁紙を使うと良いでしょう。部屋のアクセントになり、メリハリのある空間になります。これで、あなたの好きな柄を部屋に取り入れられます。

 

 

コンセント等の枠の汚れが目立ってしまった!

コンセント

壁紙が綺麗になった事で、それまで汚れているなんて思っていなかった、コンセントやスイッチの枠、エアコン、照明器具等の汚れが目立って気になってしまうとよく聞きます。

壁が綺麗になったのにそれは少し残念ですね。

 

他の物が浮かないポイント

リフォームでは、新築とは違い、新しくなる部分とそのまま残る部分があります。

せっかくリフォームを終えたのに、また後から取り替えるには更に費用がかかってしまったりします。

そのために、リフォーム前から気にかけて一緒に取り替える必要のある物は同時に行えるようにしておくと良いです。

 

コンセントやスイッチ等であれば後から自分でアレンジを加えるのも人気のDIYです。

マスキングテープやその他のアイテムで自分好みに飾ってみても良さそうですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

壁紙のリフォームは比較的簡単に行う事が出来ますが、一度替えたらそんなに頻繁に変える事は出来ないので絶対に失敗したくありませんよね。

白い壁の部屋も悪くありませんが、壁紙でちょっと冒険してみたり柄物も上手く使う事で、やって良かった!と思える壁紙リフォームをしてみませんか?

担当

酒井
酒井

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加