素朴な和室を最高の癒し空間へと生まれ変わらせるポイントとは?|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2016/04/05

お役立ち情報

素朴な和室を最高の癒し空間へと生まれ変わらせるポイントとは?

和室こんにちは。
ROOM ARTの田中です。
これまで、スタイル別にコーディネートのポイントをご紹介してきました。
思ったよりも簡単?!大人かっこいいモダンインテリアをつくる4つのポイント
意外と難しい!?シンプルなお部屋をおしゃれにするポイントとは?
自分に合った居心地の良いナチュラルスタイルを作る4つのポイント
今回は「」をテーマにお話したいと思います。
和室に寝っ転がってのんびりとしていると、ゆったりと過ぎて行く時の流れに幸せだと感じることはありませんか?
畳や障子のある空間になんとなく癒されるのは日本人ならではですね。
昔から愛されている和室ですが、少しずつスタイルが変化してきて、最近ではスタイリッシュな和室も増えています。素朴な和室も、癒しを感じる空間に生まれ変わらせることは可能。癒しの和空間は、家族や訪れるお客様にとっても、安らぎを感じる最高のおもてなし空間になります。
癒しの和空間をつくるポイントを押さえ、おしゃれにコーディネートしましょう!

1、低めのインテリアで統一

和室和室の最大の特徴は、「低い位置」。ちゃぶ台や座椅子、座布団など、和室をコーディネートするインテリアは、低いものが多いですね。
人は、高い位置では気分が高揚し、低い位置では落ち着きます。
畳の上に座ったり、寝っ転がることで、いつもよりも空間が広く感じ、開放感を味わうことができ、自然と心にもゆとりが生まれてきます。
こうした本能的なものを上手く利用することで、癒しを感じる空間を演出することが可能になるのです。

2、落ち着いた色を取り入れる

和室次にポイントになってくるのが「色使い」。
畳、障子、襖などを見渡すと一目瞭然ですが、基本的に素材の色味を活かした素朴な色味で作られていることがほとんどですね。また、障子などで光をやわらげ、静寂な雰囲気をつくっている和室が多いです。そうすることで時間の流れもゆったりとした雰囲気になり、自然と心も落ち着くと言われています。
テーブルや座椅子など、コーディネートするインテリアの色もポップでカラフルな明るい色ではなく、重厚感のある黒やグレー、ネイビーなどを取り入れることで、より落ち着く空間に。
リビングやダイニングなどは明るく爽やかにコーディネートし、それとは反対に和室はぐっと落ち着くトーンで揃えるなど、メリハリをつけることで、家全体の雰囲気もアップしますよ。

3、壁紙で高級感をプラスする

和室低めのインテリアと落ち着いた色でコーディネートした和室は、心が安らぐくつろぎの場にはりますが、少し寂し気な印象もないとは言えません。そこで注目するのは「壁紙」。
例えば、桜や梅、紅葉など、季節を彩るデザインを選ぶことで、和の心と四季をお部屋の中で両方楽しむことができます。また、着物を思わせるような華やかで艶やかなデザインは、まるで高級旅館に訪れているような贅沢な気分になりますね。
和室このように水墨画風のデザインなら、渋く情緒あふれるのある大人の和空間を演出することも可能。
壁一面でなくても、床の間や襖などにアクセントとして部分的に飾ることで和室の雰囲気がガラっと変わります。
くつろぎの場である「和室」が心癒されるおもてなし空間に生まれ変わります。
何か物足りないな、と感じたら「壁紙」で彩をプラスしてアレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、「和」をテーマにポイントをご紹介しました。
低めのインテリア、落ち着く色味、壁紙で彩をプラスしたコーディネートで最高の癒し空間をつくってみてください♪
和風テイストの壁紙は、洋室にも合わせやすいものもたくさんあるので、和室がもともと設置されていない家でも気軽に取り入れられます。また、ホテルや旅館、宿泊施設など、海外から訪れるお客様のおもてなし空間にもオススメです!ぜひチェックしてみてください。
>>和風壁紙はコチラ

  • お役立ち情報

担当

田中
田中

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加