まずは小さな面積から!壁紙DIY初心者にオススメの施工場所はココだ!|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2016/02/03

お役立ち情報

まずは小さな面積から!壁紙DIY初心者にオススメの施工場所はココだ!

ドアこんにちは、ROOM ARTのきまたです。

壁紙を張り替えてみたいけど、いきなり大きな壁を張り替えることに不安がある方も多いと思います。

小さいスペースで試して、練習できればいいのに…
と思ったことはありませんか?

ROOM ARTでは最小サイズはA3から購入することができます。
小さなサイズでも、工夫次第で様々な使い方や楽しみ方があります。

本日は、小さいサイズでもインテリア壁紙を楽しめる、初心者さんにオススメの施工場所をお伝えします!
ぜひ参考にしてみてください☆


ドアに貼る

ドアのデザインを生かした絵画風アレンジ

ドアアレンジ 
初心者さんにオススメの施工場所1「部屋のドア」

部屋のドアは、こちらの事例のように、枠がついているデザインのドアも多いですよね。
その枠の内側ぴったりサイズで壁紙を購入すれば、まるで額縁にいれた絵画のようにアレンジすることができます。
幅が狭いので、一人でも貼りやすく、高さがあるため壁に貼るのと同じ感覚でDIYできます。

遊び心満載のだまし絵風アレンジ

ドア(C)2016 Thing Daemon Inc. All rights reserved. / FANCY から引用

階段の柄の壁紙を貼ってだまし絵のようにアレンジした事例。
ただ単にかっこいい柄を貼るだけじゃつまらない!インテリアに遊び心を加えたい人にはオススメ。
しかし、ドア全面に貼る場合、ドアノブ等の障害物があると、技術が必要になってきます。
施工するドアのデザインや形を確認して、壁紙の柄や貼る範囲を決めると良いでしょう。

ステッカー風に貼ってカレンダーアレンジ

ドア(C)2016 Thing Daemon Inc. All rights reserved. / FANCY から引用

こちらは数字の入ったステッカーをドア全面に貼って、スケジュールを書き込めるカレンダー風にアレンジした事例。
ドアノブの部分は上手く避けて施工されていますが、ドアの元々の色合いを生かしてあるので違和感ありません。
障害物に沿って壁紙をカットする作業は、最初は難しいので、なるべくフラットな場所を選んだり、このように違和感のないデザインや貼り方をするのがいいですね。

>>ドアの貼り方について詳しくはコチラ


階段に貼る


階段
初心者さんにオススメ施工場所2「階段」

ひとつひとつの壁紙のサイズが小さいので貼りやすく、気軽に始められます。
段数があるため、カンタンにできる割に見た目はとても存在感があり達成感のある場所でもあります。

階段しっかりと採寸をして、壁紙をカットする必要がありますが、寸法さえ間違えなければスムーズに貼ることができます。

階段壁紙を上手く貼るコツとして、スキージーを使ってしっかりと空気を抜くことが重要です。
階段への施工はひとつひとつが小さく、数があるので、スキージーを使う練習にもなります。

>>階段の貼り方について詳しくはコチラ


家具に貼る

家具

カラーボックスや、キャビネットの扉など、家具の一部にインテリア壁紙を貼ってアレンジする使い方もあります。
家具は、壁や階段などと違って動かせるので、比較的作業しやすいです。
壁に貼る場合、自分の身長に合わない場所は作業がやりにくいですが、家具なら向きを変えることができるので、やりやすい角度で作業できるのが初心者さんには易しいポイントですね。

シールタイプはもちろん、貼ってはがせるタイプののりを使って貼る方法もあります。

>>カラーボックスの貼り方について詳しくはコチラ


床に貼る

床

テーブルの下や、玄関マット、キッチンマット代わりに壁紙を床に貼るアレンジもあります。

壁紙の上を歩いても大丈夫?と心配される方もいるかもしれませんが、床に貼る場合は、表面が傷つかないようラミネート加工をしてお届けいたします。
当然、歩いても、家具を置いても大丈夫。
通常壁紙は水分や湿気に弱い素材ですが、この加工をすることで、水ハネや汚れにも強くなり、拭き掃除することもできます。
床に貼る場合は、多少面積が広くなりますが、床は障害物がなく、曲がっても目立たないので実は一番貼りやすい場所だったりします。

オシャレ女子

キッチンマットのように細長いものは、初めて作業するとたるみやすく、やりにくいかもしれません。
壁紙の端を引っ張る人と、スキージーで空気を抜く人と二人で作業すると上手くいきますよ。

>>床の貼り方について詳しくはコチラ

まとめ

いかがでしたか。
壁紙というと、何メートルもの大きさを貼るイメージがありますが、実は小さな面積でも大活躍できるアイテムでもあります。
壁紙を張り替えたいけど、まずは小さい場所で練習してみたい、という方は、ドアや階段、床などにお気に入りの柄を貼ってみるところから始めてみてはいかがでしょうか。
慣れてきたらお部屋全体の模様替えにもぜひチャレンジしてください。

  • お役立ち情報

担当

木全
木全

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加