インパクト抜群!写真を壁紙にしたインテリアコーディネート特集|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2015/12/16

特集

インパクト抜群!写真を壁紙にしたインテリアコーディネート特集

夜景 観覧車
こんにちは。ROOM ARTの田中です。
スマホやデジカメで撮った写真を大きく引き伸ばして壁紙にできるということをご存知でしょうか?
壁紙というと、一般的には無地のものやリピート柄が多いですが、最近ではインクジェットプリンタを使って、壁紙にフルカラーで印刷することが可能になり、デザインに制限がなくなってきました。
写真やカラーグラデーションなどを全面的に使い、鮮明に表現できるのです。
写真を壁一面にコーディネートするとインパクトもあり、今までと違った新しいおしゃれな空間が生まれます。
思い出の写真や趣味の写真、自分の大好きなペットの写真などを壁紙にすれば、心地よくリラックスできる部屋が演出できますね。
今回は、写真を壁紙にした素敵なお部屋の事例をご紹介いたします。

写真を壁紙にしたインテリアコーディネート

花畑

ひまわり写真壁紙(C)2015 Freshome. / freshome から引用

ひまわり畑の壁紙です。
ひまわりたちが目の前に広がり、太陽に向かって咲き誇っている姿をいつもお部屋の中で楽しむことができます。上から降り注ぐ光も穏やかな気持ちにさせてくれますね。

一輪花

あじさい写真壁紙
一面に広がる花畑も素敵ですが、一輪にクローズアップして撮った写真もキレイですね。
花びらの形や花脈もくっきりと表現されています。

風景

風景写真壁紙(C)2015 STYLE4 Decor All rights reserved. / STYLE4 Decor から引用

遠くまで橋が続いている風景写真を壁紙に。
風景写真は、奥行きが生まれ、狭い部屋でも広く見せることができます。
眺めていると吸い込まれそうです!

旅行

photo05フランスパリのエッフェル塔の写真。海外へ旅行しているような気分になりますね。
旅行先で撮ったお気に入りの写真を壁紙にすると、その時の思い出がよみがえり、毎日楽しく過ごすことができますよ。

動物

白馬の写真壁紙(C)2015 Freshome. / freshome から引用

壁一面を写真にすると、インパクトが強すぎて落ち着かない・・・!という場合には、お部屋の色と同系色のものを選ぶことをオススメします。
こちらは白馬の写真。部屋全体がホワイトでコーディネートされているので、違和感なく溶け込んでいます。

紅葉

2015 Freshome.  / freshome(C)2015 Freshome. / freshome から引用

2つの本棚の空いたスペースに紅葉の写真壁紙を貼ったコーディネート。
こんな風に、部分的に使う方法もあります。
部屋の雰囲気とマッチしており、柔らかいぬくもりを感じる空間になっていますね。

夜景

夜景 観覧車暗闇の中で輝く観覧車を撮影した一枚。
たった一枚で都会的な大人の雰囲気を演出することができます。スタイリッシュかつ斬新なコーディネートをするなから夜景の写真がオススメ!

森林浴

森林の写真壁紙会議室の壁一面を「森林」の写真にした事例です。緑は癒し・くつろぎの空間演出に最適。
忙しい日々の中でも、心のゆとりを感じるひと時をつくれますよ。
最近では、このようにオフィスで、自然を感じリラックスできる効果のある「緑」を壁に取り入れる会社が増えてきています。

空の写真壁紙(C)SEKISUIHEIM Chubu Co.Ltd / セキスイハイム中部 から引用

空を部屋の天井に。明るく開放感があり、とても爽やかです。
目覚めると目の前に青空が広がり、毎日気持ちの良い朝を迎えることができそうです。

ペット

ペットの写真壁紙こちらはスマホで撮ったペットの写真でオリジナル壁紙をつくった事例です。(わたくし田中の愛犬♂でございます。)
ペットはもちろん、お子様の写真や家族で撮った写真、趣味の写真なども素敵です。大好きなものの写真を壁紙にすれば、特別なお部屋になります。早く帰りたくなる安らぎのお部屋をつくるために、オリジナル壁紙を取り入れてみるのも良いですね。

オリジナル壁紙

まとめ

いかがでしたか?
写真を壁紙にすると画質が荒くなるんじゃない?!と心配になりますが、一般的なスマートフォンやデジカメの写真であれば問題ありません。
他と差をつける新しいおしゃれな部屋づくりに挑戦してみませんか?
自分で撮った写真なら、世界にひとつだけの最高にリラックスできる環境で過ごすことができるでしょう。
ただし、オリジナル壁紙をつくる際には、著作権や肖像権などの権利が発生しているので十分にご注意くださいね。

  • 特集

担当

田中
田中

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加