子育て中のママさん必見☆参考にしたい子供部屋インテリア特集!|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2016/02/24

特集

子育て中のママさん必見☆参考にしたい子供部屋インテリア特集!

子供部屋こんにちは、ROOM ARTのきまたです。

お子さんのいるお母様たちは、そろそろ卒業・入学シーズンで忙しくなる頃ですね。入園、入学の準備となると、幼稚園や学校で使うものを一式揃えなければならないので、お子様の持ち物が急激に増えます。

この時期からお子様のお部屋を考える親御さんも多いのではないでしょうか。

子供部屋は、大人の部屋と違い、どんな色味やテイストで揃えていけば良いか迷いませんか?
今日は子供部屋のコーディネートをご紹介します。ぜひお子様のお部屋作りの参考にしてください。

1.家全体の雰囲気と子供部屋を合わせてコーディネート

子供部屋(C)2008 – 2016 HOME DESIGNING – PROVIDING INSPIRATIONAL HOME AND INTERIOR DESIGN IDEAS. ALL RIGHTS RESERVED. / HOME DESIGNING から引用

ナチュラルベージュ×グリーンを使ったさわやかなお部屋。
どんな部屋にしようか決まらない方は、ひとまずお家全体の雰囲気と子供部屋を合わせていくスタイルがオススメです。
家のフローリングや柱の色に使われている色と同じ色味で家具を揃えていくと統一感が出ます。
グリーンやイエローなど明るい色をプラスすると子供部屋らしくなります。

2.やわらかい色合いで女の子らしいお部屋に

子供部屋(C)2008 – 2016 HOME DESIGNING – PROVIDING INSPIRATIONAL HOME AND INTERIOR DESIGN IDEAS. ALL RIGHTS RESERVED. / HOME DESIGNING から引用

ベビーピンクとホワイトを使った、やわらかい雰囲気のお部屋です。
色合いはもちろん、レースカーテンやぬいぐるみなどが女の子らしいお部屋にしています。
パッチワーク風の壁紙は、カラフルですが、同系色でまとめてあるのでほどよいアクセントになっていますね。


3.カラフルでもすっきりとまとめる

子供部屋(C)2013 Solo Pine Designs, INC. All Rights Reserved. / tell love and party から引用

子供部屋って細々したものが多かったり、カラフルなおもちゃや絵本があると、ごちゃごちゃしがちですよね。
こちらはカラフルで細かいものが多くてもスッキリとまとまっている子供部屋。

低めのベッドは、モノトーンのベッドカバーでシンプルに。
たくさんあるおもちゃは木製ラックにきちんと入れることで、見せる収納が成立しています。
白い壁には、カラフルなフレームに入ったポップなイラストを飾れば、適度に色がついて派手すぎません。

小物が多いお部屋は、ベッドや壁などの大きなインテリアを目立たせるとさらにごちゃごちゃ見えてしまいます。
こちらのように、モノトーンでまとめたり、フレームに入れて整理したりすると、部屋全体がスッキリするのではないでしょうか。

4.和室の一部をこども部屋仕様に

子供部屋(C)ちいさな建売、おしゃれハウスを目指す. all right reserved. / ちいさな建売、おしゃれハウスを目指す から引用

お子様がまだ小さいうちは、学習机なども必要なく、とにかくおもちゃと遊び場所がたくさん必要ですよね。
こちらのお宅は、和室にお子様のおもちゃ収納+おままごと用のミニキッチンを置いて遊び場所も確保しています。
収納ラックを木製に、収納BOXはカゴで統一されており、やわらかい素材感が和室ながらナチュラルなテイストでまとまっています。
壁にはウォールステッカーやガーランドが飾り付けてあり、優しく可愛らしいお部屋になっていますね。
小さなお子様には、硬いフローリングよりも畳の方が安全で遊ばせやすい環境かもしれません。

5.隠れ家みたいなテントを設置!

子供部屋 テント(C)2012 soopsori japan. All Rights Reserved. / Soopsori から引用

海外では、子供部屋にテントを置くのが、ここ最近のトレンドだそうです。
隠れ家や秘密基地のような空間が子供は大好き。そんな子供の夢を叶えるのがこの室内用ミニテントです。
子供部屋にテントを置いて、隠れ家のように使うのはもちろん、まだ子供部屋を準備するほどでもないというお子様にも、遊び場所としてリビングなどに設置する使い方もあるようです。


6.モノトーンで揃えてスタイリッシュに

子供部屋(C)2015. Some Rights Reserved. / buymodernbaby.com から引用

子供部屋でもやっぱりオシャレにスッキリさせておきたい!とお考えの方はモノトーンスタイルがオススメです。
白地に大きな星柄の壁紙は、子供部屋らしいキュートさを出しつつも、モノトーンにすることでおしゃれにキマります。
カラフルなおもちゃはベッド下やモノクロのボックスなどに収納して、隠してしまえばきっちりと白黒で統一することも可能です。
こちらのお部屋のように、柱に黒板を設置するなど、遊び心を加えても面白そうですね。
モノトーンのお部屋なら、お子様が成長してもずっと使うことができます。

7.赤色を使ってセンスのある部屋に

子供部屋(C)interior-supple. / Interior-Supple から引用

男の子の部屋というと青いイメージがありますが、アクセントに赤を使ったお部屋をご紹介します。

青はお部屋にも取り入れやすいカラーなので、子供部屋に限らず青を使っている方も多いと思います。
赤も人気カラーではありますが、青と比べると派手な印象があり、取り入れるには難しいと思われがちです。

赤と相性の良いカラーと組み合わせて使ったり、どこか一部に赤を取り入れてアクセントとして使うと、センスの良いお部屋になります。
こちらのお部屋も、壁一面を赤にしたり、インテリアの一部に赤を取り入れていて、シンプルなお部屋に一味加わっておしゃれな印象ですね。


まとめ

いかがでしょうか。
子供部屋と言っても、お子様の年齢や性別によってお部屋の感じも随分変わります。今お子様が必要なものを考えてお部屋を作ることはもちろん、成長しても使い勝手の良いお部屋にできれば最高ですね。

どんどん成長するお子様に合わせて、定期的にお部屋の見直しや模様替えをしてみてはいかがでしょうか。

  • 特集

担当

木全
木全

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加