今流行りのかっこいい部屋にぴったりのオススメ壁紙特集!|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2015/10/28

特集

今流行りのかっこいい部屋にぴったりのオススメ壁紙特集!

男前インテリアこんにちは、ROOM ARTのきまたです。
ずっと北欧インテリアが好きだった私ですが、最近の男前インテリアブームを見ていたらブルックリンスタイルに興味が湧いてきました!
ナチュラルや北欧風コーデは安定した人気を持つスタイルですが、最近のトレンドは可愛いよりかっこいいにシフトしているように思えます。
本日は、そんなかっこいいインテリアについて、まとめましたのでご紹介いたします♪

①ブルックリンスタイル

ブルックリンスタイル(C)NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved. / HOME’S Style Market から引用

アメリカのブルックリン地区をイメージしたインテリアコーディネートです。
ブルックリン地区は、アーティストやデザイナーが多く集まる街で、インテリアショップやカフェなども多く、近年おしゃれなエリアとして注目されています。

アメリカンヴィンテージやヴィンテージレトロなどとも言われ、新しいミックススタイルが大人気★

北欧系、ナチュラル系と同じく、木目やレンガの素材が定番ですが、ベージュや白っぽい色ではなく、ダークブラウンやブラックと言った深い色味が特徴。
また、高価なインテリアの中に、手作りしたプチプラな小物などを混ぜても違和感なく馴染むのもDIY好きには高ポイント!
本やアートを飾ったり、ヴィンテージインテリアを取り入れたり、ブルックリンにあるおしゃれなカフェがお手本のコーディネートです。

↓このコーディネートにオススメの壁紙はこちら↓

osusume_rengaレンガの背景       レンガ         レンガ背景

②クールな男前コーディネート

男前インテリア(C)SUVACO Co.,Ltd. All rights reserved. / SUVACO から引用

コンクリート打ちっぱなしの壁に、天井まである本棚がかっこいいコーディネート。壁や間仕切りがなく、広々とした空間を活かして、背の高い観葉植物や本棚が配置されています。
コンクリート壁はデザイナーズマンションなどによく見られるため、みんな一度は憧れるお部屋ではないでしょうか。

また、天井まである本棚も、置くスペースや部屋の圧迫感などを考えると、置きたくても置けない人が多くいると思います。ある程度広さや高さがないと、壁一面の本棚は窮屈な印象になり、取り入れることが難しいインテリアのひとつ。

しかし、コンクリート壁や、書庫のような本棚も
インテリア壁紙によって雰囲気を再現することができます!
本棚としての実用性はありませんが、飾りとして部屋に取り入れたいという方は、壁紙を貼ってみてはいかがでしょうか。

↓このコーディネートにオススメの壁紙はこちら↓

男前おすすめ壁紙本棚           コンクリート       ホワイトレンガ

③インダストリアルデザイン

インダストリアルスタイル(C)2013-2015 – Rilane.com / RILANE から引用

工場や工事現場、鉄道会社などで使われた雑貨や家具を取り入れた、工業的コーディネートをインダストリアルスタイルと呼びます。
スチールやブリキ、アイアンなどの無骨な素材感がかっこよく、使い込まれたヴィンテージ感もあり人気のテイストです。

そんなインダストリアルスタイルのクールなキッチンがこちら。
至る所に金属が使われていますが、ピカピカ光っている冷たい感じではなく、鈍く光るユーズド感が味があっておしゃれな印象を受けます。
パイプがむき出しになっているのもインダストリアルスタイルならでは。
キッチンに黒板を取り入れるとカフェのような印象になり、料理も楽しくなりそうですね。

↓このコーディネートにオススメの壁紙はこちら↓

インダストリアルおすすめ壁紙フードメニュー      バーガーポスター    ストライプ

④塩系インテリア

塩系インテリア(C)a merry mishap all rights reserved / a merry mishap から引用

塩系男子なんて言葉が出てきましたが、インテリアでも塩系というジャンルが存在します。塩系というからには、ホワイトコーデかと思いきや、ただ真っ白なだけではありません。

ホワイトコーデというと、ほっこりとしたイメージがありますが、塩系はサッパリ、スッキリといった印象。色も、トーンは抑えめで白やグレーが多めに使われますが、ブラウンやブラックもアクセントとして取り入れられているのが大きな違いです。

必要最低限のモノしか置かない塩系スタイルはとにかく生活感がないのも特徴。
無骨さやヴィンテージ感と言った部分は元をたどると男前インテリアから派生したスタイルのようです。

↓このコーディネートにオススメの壁紙はこちら↓

塩系インテリア壁紙白い木板         白レンガ         タイル白

まとめ

いかがでしたでしょうか。
一口にかっこいい部屋と言っても様々な方向性のスタイルがありますね。
“男前インテリア”や”塩系インテリア”というジャンルは、元々インテリア用語ではなく、インテリアが好きな人たちから生まれた言葉のため、明確な定義がないそうです。
今後も、インテリアやDIY好きな人たちから生まれる新しいスタイルがどんどん増えそうですね!
あなたも自分が思うかっこいいお部屋をぜひ作ってみて下さい。

  • 特集

担当

木全
木全

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加