【DIYマスターへの道】壁紙で部屋の模様替え!お気に入りの空間をつくろう|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2015/11/30

DIY

【DIYマスターへの道】壁紙で部屋の模様替え!お気に入りの空間をつくろう

DIYマスター
こんにちは。ROOM ARTの田中です。
今年も残り1か月となりました。
年末に向けて慌ただしくなってくる頃かと思います。
年末と言えば大掃除。部屋中ピカピカにして気持ちよく新年を迎えたいですね。
今年はいつもの大掃除にプラスして、壁をDIYしてお部屋の模様替えをしませんか?
とは言え、「どうしていいか分からない」「本当に自分でできるの?」と思う方もいらっしゃると思います。
そんな方のために、今回は壁のDIYについて簡単な初級編からワンランク上のおしゃれ上級編まご説明します!

初級編

DIYが初めての方は、まずはここからチャレンジ!

ウォールステッカー

ウォールステッカーきちんとお部屋の掃除をして清潔を保っているお部屋でも、意外と壁って汚れています。手で触ったり、臭いを吸ったり、また、日に焼けて黄ばんでくることもあります。
ちょっとした汚れや傷を隠すのに役立つのが「ウォールステッカー」。
シールになっているので気になる部分にペタペタ貼れば、傷や汚れ隠しにもなるし、お部屋の印象も変わり、簡単にイメージチェンジすることができます。
ウォールステッカーウォールステッカーなら、上の画像のように、窓がない部屋に新しい窓を簡単につくることができます。たった一枚でお部屋がオシャレに変身!
デザインや柄を選んだり、貼る場所やレイアウトを考えるのも楽しいです。貼って剥がせるウォールステッカーは壁を傷める心配もないので気軽に挑戦できますね。

弱粘シール壁紙

弱粘シール弱粘シールタイプの壁紙を階段に貼った事例です。階段のサイズに合わせてカットすれば、あとはフィルムを剥がして貼るだけなので簡単!はがして元に戻すこともできるので賃貸でも安心ですよ。弱粘シールは、壁だけでなく床やドアなどの平滑面にも貼れます。

中級編

慣れてきたらステップアップ!

アクセントウォール

アクセントウォール部屋の壁の一面、または部分的に変えることを「アクセントウォール」といいます。一部を変えるだけで、見違えるように素敵な空間になります。また、単調になりがちな白壁から飽きの来ない特別な空間に生まれかわります。
上の写真のように、壁の中央部分にだけ縦に異なる色の壁紙を貼ったり、
アクセントウォールこちらの事例のように、壁一面を大胆に変える方法もあります。
全ての壁を張り替えることに抵抗がある方は、まずは一部分だけ変えることから始めてみると良いですね。

柄入り壁紙

クリスマス部屋無地ではなく、柄入りの壁紙。柄を合わせる手間がかかりますが、レンガや木目、花、ストライプ、ドットなど、様々なデザインから選ぶことができます。
北欧スタイルやアジアン、モダン、ヴィンテージといったコンセプトのあるインテリアにも、柄入り壁紙は大活躍。思うままにお好きなスタイルにアレンジができるのが魅力ですね。

上級編

ここまでできたら壁のDIYマスターです!

壁全面模様替え

張り替え全部の壁を好きなデザインのものに貼り替え。こちらは「アメリカンレトロ」をテーマにコーディネートした事例です。好きなスタイルが決まったら、それに合う壁紙のデザインやカラーをチョイスして貼りましょう!柄×柄の組み合わせは、さらに個性的でワンランク上のおしゃれな部屋に模様替えをすることが可能です。

オリジナル壁紙

オリジナル壁紙自分の持っている写真やイラストなどのデータでつくれる「オリジナル壁紙」。完全オリジナルなので、あなたにしかつくれない、世界にたったひとつだけのお部屋になります。スマーとフォンなどで撮影した写真もキレイに出力することができます。
フルカラーなので、色彩も鮮やかで綺麗です。今までにない新しい空間をつくりたい方にオススメ!
>>オリジナル壁紙はこちら

塗り絵壁紙

塗り絵壁紙大人の塗り絵(ぬりえ)とインテリア壁紙がコラボした新しい壁紙。自分の好きな色を塗って、塗った後にはインテリアとしてそのまま楽しむことができます。
クオリティの高いデザイン、塗る作業、雰囲気が変わっていく部屋の様子、完成後の達成感など、楽しめる要素がたくさん詰まった魅力的な壁紙です。
>>塗り絵壁紙はこちら

まとめ

いかがでしたか?
「壁をDIYする」というと、初めての方はハードルが高く感じ、なかなか挑戦することができないという声もよく聞きます。
まずは手軽なシールタイプから始めて、少しずつステップアップしていくのがオススメです。
壁紙を貼るのに慣れ、上級者になれば、思うがままの部屋を自分でつくることが可能になります。
DIYをマスターして、ぜひお気に入りのお部屋づくりをしてみてくださいね。

  • DIY

担当

田中
田中

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加