【DIY初心者必見】お部屋別で解説!インテリア壁紙の選び方②|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2015/10/19

DIY

【DIY初心者必見】お部屋別で解説!インテリア壁紙の選び方②

壁紙の選び方
こんにちは。ROOM ARTの田中です。
前回、「【DIY初心者必見】お部屋別で解説!インテリア壁紙の選び方①」で「リビング・ダイニング」「キッチン」「寝室」「玄関」の4つを挙げて壁紙を選ぶポイントをご紹介しました。
今回はその続き、
廊下・階段」「トイレ」「和室」「子ども部屋」の4つをご紹介します。

お部屋別に解説!壁紙の選び方のポイント

廊下・階段

廊下廊下・階段は部屋と部屋をつなぐ通り道です。
部屋はこだわってコーディネートしていても、通り道となる廊下や階段は後回しになりがち。そんな部分こそオシャレにして差をつけませんか?
選ぶポイントは「自由にオシャレを楽しむこと」。リビングや寝室などの部屋と違って、他の家具との相性やバランスを考える必要は全くありません。
壁紙の選び方例えば、窓や吹き抜けなどがなく、光が差し込みにくいスペースには黄色やオレンジなどの元気が出るようなカラーを選ぶと部屋もパッと明るくなります。
また、階段では、つながりのあるデザインや1段1段異なるデザインを選んだりして、気分に合わせて貼り替えて遊んでみるのも素敵です。
自由にオシャレを楽しんで、ただの通り道を大好きな空間へと変えましょう。

トイレ

壁紙の選び方トイレって、なんとなく居心地よくありませんか?
不思議とリラックスできる場所ですよね。そんなトイレをもっと素敵に、もっと快適にしたいですね。そこでポイントとなるのは「遊び心」。
狭い空間だからこそ奇抜なデザインや派手な色柄に挑戦できます。トイレなら他の部屋に影響を与えることは全くありません。
ドアを開けるたびにリフレッシュした気持ちになるでしょう。
壁紙の選び方例えば、ポップで明るい色の花柄を選ぶと、いつもさわやかな気分になれます。清潔感もあって、気持ちよくトイレが使えますね。また、トイレの中だけではなく、洗面台などの空いたスペースにもただの白壁ではなく、明るい色合いの壁紙を選ぶと素敵ですね。
自分や家族、ゲストのために、壁紙で遊んで一風変わった面白い空間を創りませんか?

和室

壁紙の選び方今も昔も愛されている和室。畳の上でゴロンと横になったりして、ゆったり過ごすことができ、人の心を落ち着かせてくれる空間です。
和室は、私たちの生活スタイルに合わせて色々な形に変化してきました。そこで重視したい壁紙選びのポイントは「自分に合った和空間をつくる」こと。
伝統的な和室が好きなのか、流行の「和モダン」にしたいのか。周りの部屋との調和も考え、自分の暮らしに合った壁紙を選びましょう。
壁紙の選び方スタイリッシュな和室にしたい場合は、モノトーンカラーを選ぶと良いでしょう。和室ならではのぬくもりとクールなスマートさが融合した和モダンの空間になります。
また、伝統的な和室に、四季を感じられるデザインの壁紙を選ぶと、高級旅館に来たような特別感を味わうことができますよ。

子ども部屋

壁紙の選び方子どもは自分の過ごす環境から多くのことを学びます。見る、聴く、触れることで感性が磨かれ、成長していきます。
子どもの能力を最大限に引き出すことができるように「子ども目線」で壁紙を選ぶのがポイント。ポップなデザインは小さい時は良いけれど大きくなったら・・・と先のことを考えて、無難なインテリアを選んでしまう方も多いでしょう。
簡単に変えることができる「貼って剥がせる」タイプの壁紙もあるので、子ども目線で選ぶと良いですね。
壁紙の選び方例えば、このように、好奇心旺盛な小さい頃は子どもが大好きなポップで明るい色柄や動物、キャラクターの壁紙を。
大きくなるにつれて、その子自身が好きなもの、興味があるものへと変えていくと良いですね。
いつも伸び伸びと過ごせる環境を子どものためにつくることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、「廊下・階段」「トイレ」「和室」「子ども部屋」の4つを挙げて、壁紙選びのポイントをご紹介しました。
壁紙をDIYするにあたり、どうやって壁紙を選んだら良いのか分からない方も多いと思います。部屋によって、役割も選び方も異なります。壁紙選びの参考にしていただけたら幸いです。
「壁紙を貼りたいけど、DIYは初めてで不安!」と言う方は、まず「【DIY初心者必見】絶対に失敗しない!インテリア壁紙選びの5つのポイント」をぜひご覧くださいね。

  • DIY

担当

田中
田中

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加