【初心者必見】壁紙DIYでよく使う言葉や基本を学ぼう!|インテリア壁紙・クロス壁紙の通販やニュース・お役立ち情報をお届け!ROOM ART Blog

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

インテリア壁紙・クロスの通販 ROOM ART

  •                    
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

2016/01/04

DIY

【初心者必見】壁紙DIYでよく使う言葉や基本を学ぼう!

大人の塗り絵壁紙

新年あけましておめでとうございます!
ROOMART の酒井です。
みなさん思い思いの年末年始をお過ごしになられた事でしょう。
新年の目標はもう立てましたでしょうか?
その中に、壁紙DIYを盛り込んでみてはいかがでしょうか?
2016年こそインテリアを心機一転!壁紙のDIY を!
初めて方必見!DIYをスムーズに進めるために、よく使われる言葉や基本を今のうちに覚えておきませんか?

 

パターン(orリピート)

パターン

普段よく目にする壁紙は一定の範囲で柄が繰り返されています。
そういった柄の壁紙の事をパターン壁紙、またはリピート壁紙と言います。
パターン柄専門サイトはコチラ

ROOMARTには大きく分けて2種類!
柄を繰り返すパターン壁紙と写真や絵を大きく引き延ばした一枚物の壁紙があります。
一枚もの壁紙は、ココでしか買う事のできない物ばかりです。
是非、お気に入りの一枚を見つけて下さいね。
デザインを選びに行く

 

分割

分割

ROOMARTの様な大きな絵や写真を壁一面に貼る際には、ある一定の幅を越えると分割して印刷します。
(↑4枚に分割された壁紙)
大きな壁を貼るには何枚にも分割された壁紙を貼ることを覚えておきましょう。

パターンの壁紙だと、輸入壁紙の多くは約45cm〜50cm、国産の物は約90cm幅が一般的です。
壁紙購入時の目安にして下さいね。

 

重ね

重ね

壁紙を貼る際に隣合った壁紙同士の柄が1cm〜2cm程重なるように印刷されています。(緑に色付いた部分)
重ねがある事によって、壁紙同士の間に隙間が出来ることなく綺麗に分割壁紙を合わせる事が出来ます。
また、上級者になれば重なった部分の中央部をカッターでまっすぐ切り取ることで更にキレイに柄をつなぎ合わせる事出来ます。

 

ノビ

ノビ

本来のサイズよりも少し余分に印刷する部分のことを言います。(赤く色付けした部分)

余分に印刷することによって貼るときに多少ずれたり、傾いたりしても、壁紙が足りなくなることはなく綺麗に貼る事ができます。
貼って余った部分はカッターで切り取ります。ノビをなくしてピッタリサイズで壁紙を作る事も可能ですので、ご相談下さい。

 

スキージー

スキージー

壁紙を貼る際に使用する道具!
壁紙には様々な種類の物がありますが、どんな壁紙を貼るときにも活躍するのがスキージー!
スキージーの他にスムーサーと呼ぶ事もあります。
スキージーは、壁と壁紙の間に空気が入り、気泡が出来てしまわないよう空気を逃し圧着するのに使います。

また、大きな壁紙だけではなく小さなステッカーやポスターを貼る時にも使え、安価なので1つ持っておいても損はありませんよ。
購入はコチラから

 

のり付き壁紙

シールタイプ

裏に粘着材のついた壁紙の事!ROOMARTでは、シールタイプ壁紙という事がほとんどです。
シールタイプの壁紙は、強粘着、弱粘着、吸着の3種類を用意しているので、目的と用途に合った物をお選び下さい!
詳しくはコチラから

のり塗りの作業がなく、道具はスキージー1つあれば出来るので、手軽にやってみたいという方にとてもおすすめの素材です。

 

のりなし壁紙

賃貸可能の剥がせるのり

裏に粘着材のついていないタイプの壁紙です!
ROOMARTでは、のりなし-フラットと呼びます。のりなし-フラットの壁紙を壁に貼る際には、別途専用糊が必要になります。
のりも3種類ご用意しておりますので、目的、用途にあせてお選び下さい。
詳しくはコチラから

ROOMARTの塗り絵壁紙を購入する場合にはのりなし-フラットと専用のりの組み合わせがオススメですよ。
画用紙に近い素材で出来ているため、様々な画材で色を塗る事が出来ます。
塗り絵壁紙詳細はコチラ

 

頭出し

(弱)頭出し

のり付き(シールタイプ)壁紙を貼る際に裏のフィルムを全て剥がしてしまわず、端から5cm〜10cm程折り返した部分の事を言います。
裏のフィルムを少しずつ剥がしていくことで、他の部分に壁紙がくっついてしまう事がなく、貼りやすくなります。
シールタイプ壁紙の貼り方はコチラ

 

トリミング

トリミング

デザインの一部分だけを切り抜いたり、サイズを変更する事をトリミングと言います。

ROOMARTで壁紙を購入する際にとっても便利なの機能としてとトリミングがあります。
気に入ったモチーフの部分だけを購入したり、貼りたい場所にピッタリのサイズでの購入も可能ですので、好きなデザインがなかなか見つからなかった方や狭いスペースに貼りたいと言う方にもオススメですよ。
トリミング機能を詳しく知る

 

まとめ

いかがでしょう?
今まで、やろう、やろうと思って後回しになっていた壁紙DIYを今年こそ!
調べたり見ているだけだと難しそうに思いますが、実際にやってみることで、ポイントやコツを掴め、簡単に出来たりもします。
今回、興味を持っていただいた方!ぜひ、壁紙DIYにチャレンジしてみて下さいね♪

 

担当

酒井
酒井

一覧記事

このエントリーをはてなブックマークに追加